HOME > 下肢装具 > 短下肢装具

下肢装具

短下肢装具

【短下肢装具】とは、足首の関節の動きを制限し、固定・動揺・拘縮などの治療を目的とした装具です。下腿部から足部までの構造になっています。

「継手付きシューホン型」とはプラスチックが下腿の後面にあるタイプです。ふくらはぎから足首までの部分と足の部分との間に、継手がついています。

プラスチックが下腿部の後面にあるタイプです。足関節を背屈位に保持するために使用されています。さまざまな工夫をされたタイプがあります。

下腿部から足部にかけて、プラスチックで型採りされたもので、足関節を固定、適正保持するためのものです。支柱付き、支柱なし、フラクチャータイプが主流です。

らせん状のプラスチックなどの支柱で下腿を一周するタイプで、足関節の動きをコントロールするための装具です。半周させるタイプのものもあります。

アキレス腱の断裂に用いられます。

PTB免荷用は、膝蓋靭帯(膝のお皿の下にある靭帯)で体重を支え、下腿や足部に荷重をかけないようにする装具です。

足関節の内反・外反・底背屈運動の制限、適正保持、靭帯損傷などのための装具です。軟性素材とプラスチック、バンド、ストラップを組み合わせて工夫されています。

踵の骨に荷重をかけないようにするタイプの装具が主流です。

下肢装具に取り付け、足関節の底屈(関節を足の裏の方向に折り曲げること)や背屈(関節を足の甲の方向に折り曲げること)の動きを制御するために用いています。

プラスチックが下腿前面にあるもので、足関節を背屈位に保持します。

ページトップ