HOME > 下肢装具 > 内反足・靴型装具

下肢装具

内反足・靴型装具

【内反足装具】とは、先天性内反足児において足部の変形の矯正を目的とした装具です。

デニスブラウン型では、内反足の治療やその他、尖足(足関節が底側に屈曲したまま拘縮した状態)や凹足、下腿内捻などの足の変形を矯正する装具です。

両足を金属の支柱で結び、足部の間隔や角度などを自由に調節することができます。

【靴型装具】とは、足部の矯正や痛みを和らげる目的で用られる装具です。

長靴とは高さが、足首から膝までの部分の3分の2までかかるもので、ファスナーや紐止め、マジックバンドなどで締める方法があります。

高さが、足首までのものです。

足首よりも低い高さのものです。

高さが足首の上部まで覆う高さで、編み上げ靴とも呼ばれます。
締める方法は紐止め、マジックバンド、ファスナーなどがあります。

左右の脚の長さに差があるときに補高します。
中敷きを使って補高する場合と、靴底で補高する場合、または両者を併用することもあります。

室内用や室外用、リハビリ用などがあります。

踵部分に高さの補正を行ったものです。

内反足を矯正するための装具です。

矯正のために靴の内部での補正や、靴底での補正を行います。

靴に支柱を取り付けたものです。

下肢装具、足底装具の装着者のために作られた靴で、足入れがしやすくなっています。

外反母趾や、軽度の足指変型がある方にも、楽に履けるよう工夫されています。

幅広・甲高に作られていますが、比較的小さく見えるようデザインされています。

また、足底装具挿入用にも製作できます。

マジックを使用したり、甲を高くするなど、リウマチの方が履きやすいように設計されています。

ページトップ