HOME > 義足 > 大腿義足

義足

大腿義足

『大腿義足』とは、大腿切断(腰から膝までの間の部分の切断)に用いる義足です。

吸着式は、ソケットの内壁で、断端の軟部組織を適度に圧迫することによって、ソケットの内面と断端の表面との間に吸着作用を生じさせ、自己懸垂性をもたせたソケットです。

差込み式ソケットで作られており、肩や腰からベルトを使用して義足を懸垂させます。

差込み式ソケットとは、断端とソケット内面との間にある程度大きなすきまを予定して適合します。すきまは断端袋の枚数や厚さによって切断者自身で調節を行います。

断端の収納と体重の支持をそれぞれ、外ソケットと、軟質プラスティックを使用した内ソケットで分担した、2重構造のソケットです。

吸着式ソケットを用い、骨格構造部品で組み立てられた義足です。


吸着式とは、ソケットの内壁で、断端の軟部組織を適度に圧迫することによって、ソケットの内面と断端の表面との間に吸着作用を生じさせ、自己懸垂性をもたせたソケットです。

断端に、柔軟性に富んだシリコン等の素材のライナーを装着した後、ソケットを装着します。

ページトップ