HOME > 義足 > 果義足

義足

果義足

『果義足』とは、足首関節で切断した患者が用いる義足です。

この普通型は、ソケット部分が皮革、プラスティックなどで作られ、そこに足先ゴムを繋いでいます。外装は皮革で覆い、紐で編み上げて固定しています。

差込み式ソケットで作られており、骨格構造部品で組み立てられた膝装具です。

差込み式ソケットとは、断端とソケット内面との間にある程度大きなすきまを予定して適合します。すきまは断端袋の枚数や厚さによって切断者自身で調節を行います。

ページトップ