義肢・装具のご紹介

INTRODUCTION

肘装具

※こちらに掲載している製品は、装着者にあわせて義肢装具士の方が製作・適合確認し、必要な場合、修正・加工してご使用いただく製品の一例です。ご検討の際は、義肢装具士の方までご相談ください。

  • 両側支柱付き

    【肘装具】とは、肘関節の変形を予防したり、矯正、また機能的な体勢の保持・固定などを目的とした装具です。

    両側支柱付きとは、肘関節の固定や保持をするために、両側に支柱を用いています。

    肘関節の拘縮や筋力低下、肘関節の不安定症などに対して使用されます。肘用の継手は、自由に動くもの、固定になっているもの、角度調節ができるものなどがあります。
  • 硬性(プラスチック製)

    プラスチックで型採りされています。
    手術後の固定、変形の予防、適正位置の保持などの目的で使用されます。

  • 上腕ファンクショナルブレース

    上腕骨の骨折の後などに使用されます。
    プラスチック等で周囲から軟部組織を圧迫することによって、骨折部を固定する装具です。
  • テニス肘用バンド

    バンドやストラップで圧迫することにより、テニス肘を緩和します。
    ○手関節伸展筋などを圧迫して、外側上顆部へ負担を軽減します。
    軟性素材だけのもの、プラスチックなども利用したものがあります。

  • 肘サポーター

    肘関節の負担を和らげます。
    装着しやすいよう、やわらかい素材でできているものもあります。