義肢・装具のご紹介

INTRODUCTION

義肢

※こちらに掲載している製品は、装着者にあわせて義肢装具士の方が製作・適合確認し、必要な場合、修正・加工してご使用いただく製品の一例です。ご検討の際は、義肢装具士の方までご相談ください。

  • 硬性(プラスチック製)

    プラスチックで型採りされています。
    手術後の固定、変形の予防、適正位置の保持などの目的で使用されます。

  • <装飾用>義足

    『足指義足』とは、足指の切断に使います。
  • 下腿式

    『足根中足義足』とは、足首・かかと・かかとから指までの部分で切断した患者が用いる義足です。
    下腿式とは、下腿(足首の上やふくらはぎ)まで覆っています。
    ソケットは皮革やプラスチックなどで作られ、そこに足先ゴムを繋ぎ、外装は皮革で覆い編み上げて固定しています。

  • <装飾用>足袋式

    足袋式は、体重を踵で支え、踏み返しができるよう設計された義足です。
    義足の懸垂は、断端の形状を利用して行います。
    装飾用は見た目のリアルさを優先して作られています。

  • <装飾用>義足カバー

    義足部分をカバーするためのもので、シリコン製やビニール製のものなどがあります。
  • 【殻構造】普通型

    『果義足』とは、足首関節で切断した患者が用いる義足です。
    この普通型は、ソケット部分が皮革、プラスティックなどで作られ、そこに足先ゴムを繋いでいます。外装は皮革で覆い、紐で編み上げて固定しています。
  • 【殻構造】VAPC式(有窓式)

  • 【殻構造】差込み式

    差込み式ソケットで作られており、骨格構造部品で組み立てられた膝装具です。
    差込み式ソケットとは、断端とソケット内面との間にある程度大きなすきまを予定して適合します。すきまは断端袋の枚数や厚さによって切断者自身で調節を行います。
  • 【殻構造】ノースウェスタン式(有窓式)

  • 【殻構造】カナダ式(有窓式)