義肢・装具のご紹介

INTRODUCTION

義肢

※こちらに掲載している製品は、装着者にあわせて義肢装具士の方が製作・適合確認し、必要な場合、修正・加工してご使用いただく製品の一例です。ご検討の際は、義肢装具士の方までご相談ください。

  • <足部部品(骨格構造)>多軸足部

    多軸足部は、足部の中に軸が2つ以上設置されているもの、前後に動くだけでなく左右の動きがある継手を組み込んだものなど、様々な設計があります。
  • <足部部品(骨格構造用)>単軸足部

    足関節に、前後に動く継手が配置されています。
    可動域が大きく、踏み返しがやわらかい製品が多いため、筋力の少ない方によく処方されています。
  • <足部部品>差高調整型

    靴の高さや、状況などに応じて、高さを調整できる機能です。
  • <装飾用>義足カバー

    義足部分をカバーするためのもので、シリコン製やビニール製のものなどがあります。

  • 【殻構造】普通型(有窓式)

    『膝義足』とは、膝離脱に使い、多くは断端末での支持や顆部の形状により、自己での懸垂が可能です。
    普通型は、差込み式のソケットで、前の部分で編み上げて固定します(有窓式)。
  • 【骨格構造】差込み式

    差込み式ソケットで作られており、骨格構造部品で組み立てられた膝装具です。
    差込み式ソケットとは、断端とソケット内面との間にある程度大きなすきまを予定して適合します。すきまは断端袋の枚数や厚さによって切断者自身で調節を行います。
  • 【殻構造】無窓式

    差込みソケットで作られており、横の部分に膝継手が付いています。

  • 【殻構造】吸着式

    『大腿義足』とは、大腿切断(腰から膝までの間の部分の切断)に用いる義足です。
    吸着式は、ソケットの内壁で、断端の軟部組織を適度に圧迫することによって、ソケットの内面と断端の表面との間に吸着作用を生じさせ、自己懸垂性をもたせたソケットです。
  • 【殻構造】差込み式

    差込み式ソケットで作られており、肩や腰からベルトを使用して義足を懸垂させます。
    差込み式ソケットとは、断端とソケット内面との間にある程度大きなすきまを予定して適合します。すきまは断端袋の枚数や厚さによって切断者自身で調節を行います。
    膝を固定する方法には、前止め式と横引き式があります。
  • 【骨格構造】吸着式二重ソケット

    断端の収納と体重の支持をそれぞれ、外ソケットと、軟質プラスティックを使用した内ソケットで分担した、2重構造のソケットです。