義肢・装具のご紹介

INTRODUCTION

義肢

※こちらに掲載している製品は、装着者にあわせて義肢装具士の方が製作・適合確認し、必要な場合、修正・加工してご使用いただく製品の一例です。ご検討の際は、義肢装具士の方までご相談ください。

  • 【骨格構造】吸着式

    吸着式ソケットを用い、骨格構造部品で組み立てられた義足です。
    吸着式とは、ソケットの内壁で、断端の軟部組織を適度に圧迫することによって、ソケットの内面と断端の表面との間に吸着作用を生じさせ、自己懸垂性をもたせたソケットです。
    外装には、やわらかいスポンジを使用しています。


  • 【骨格構造】ライナー式

    断端に、柔軟性に富んだシリコン等の素材のライナーを装着した後、ソケットを装着します。
  • 【殻構造】カナダ式

    『股装具』とは、骨盤切断・股関節離脱・大腿極短切断(腰から膝までの間の、付け根に近い部分の切断)に用います。
    カナダ式とは、骨盤全体をソケットで固定するもので、自己懸垂力をもっています。
    股関節の離脱に多く使用されています。
  • 【殻構造】片側骨盤切断用ソケット

    片側の骨盤の、全体または一部を切断したとき、胸部の骨格にも荷重できるように作られたソケットです。
  • 【骨格構造】カナダ式

    骨格構造の部品で組み立てられた、カナダ式の義足です。

    カナダ式とは、骨盤全体をソケットで固定するもので、自己懸垂力をもっています。
    股関節の離脱に多く使用されています。
    アライメント(義足の各パーツの位置関係)の調整が容易で、外装にはやわらかいスポンジを使用しています。
  • <装飾用>キャップ(指)

    『手指義手』とは、手の指の切断に用いる義手です。
    装飾用とは、見た目のリアルさを優先して作られているものです。
  • <装飾用>グローブ

    【手部義肢】とは、手の根元の骨の切断、手の平部分の骨の切断に用いる義手です。
    装飾用は、見た目のリアルさを優先して作られているものです。

  • パッシブフィンガー

    パッシブハンドのフィンガータイプで、他動的にDIP、PIP、MP関節が動かせます。
  • パッシブハンド

    他動的に指関節が動かせます。
  • <装飾用>グローブ

    【手義手】とは、手関節の離脱に用いる義手です。
    装飾用は、見た目のリアルさを優先して作られているものです。
    シリコン製やビニール製などがあります。