義肢・装具のご紹介

INTRODUCTION

義肢

※こちらに掲載している製品は、装着者にあわせて義肢装具士の方が製作・適合確認し、必要な場合、修正・加工してご使用いただく製品の一例です。ご検討の際は、義肢装具士の方までご相談ください。

  • 【殻構造】能動式

    『肘装具』とは、肘関節離脱や前腕切断極短断端に用いる義手です。
    肘部と手部を、コントロールケーブルにより、肘の角度やフックの開閉を制御し、ものを掴んだり離したりします。
    ※手先の能動フックと能動バンドを交換して使用することができます。

  • ハンド型手部

  • 【殻構造】装飾用・義手

    『上腕義手』とは、上腕部(肩から肘までの部分)の切断に対しての義手です。
    装飾用は、装飾性を優先して作られています。
    外観が優先の義手であるので、指を動かしたり肘を曲げたりといった動作は、反対側の手で行います。
  • 【骨格構造】装飾用・義手

    装飾性と軽さを考慮している義手です。
  • 【殻構造】能動式・ハンド型(吸着式)

    コントロールケーブルを使用することにより、肘継手と掌の動きを制御します。吸着式ソケットを用いた殻構造の義手です。
    「ソケット」とは…ン肘関節から断端末までを包みこむ形をしていて、装着時の義手の安定を目的としています。
    「吸着式ソケット」とは…ソケット内壁で断端の軟部組織を適度に圧縮することにより、接着作用を生じさせ、断端とソケットの間にある死腔を外気と遮断したソケットです。
    死腔圧が負圧になることによって懸垂性を持つため、吸着性といいます。
  • 【殻構造】能動式・フック型

    コントロールケーブルにより、肘継手とフックの開閉を制御します。
  • <装飾用>グローブ

    装飾用は、見た目のリアルさを優先して作られているものです。
    シリコン製やビニール製などがあります。
  • 【骨格構造】肩甲胸郭間切断用

    『肩義手』とは、肩の関節からの切断だけではなく、肩甲骨からの切断と肘から上の骨(上腕骨)が少し残っている切断に対しての義手の総称です。
    【骨格構造】とは、人間の骨格のように義肢の中心部分がパイプ構造の義肢。
    肩甲胸郭間切断用とは、胸郭(胸部の骨格)を形成し、骨格構造部品とやわらかい外装で作られています。
  • <装飾用>グローブ

    装飾用は、見た目のリアルさを優先して作られているものです。
    シリコン製やビニール製などがあります。