義肢・装具のご紹介

INTRODUCTION

義手

※こちらに掲載している製品は、装着者にあわせて義肢装具士の方が製作・適合確認し、必要な場合、修正・加工してご使用いただく製品の一例です。ご検討の際は、義肢装具士の方までご相談ください。

  • 硬性(プラスチック製)

    プラスチックで型採りされています。
    手術後の固定、変形の予防、適正位置の保持などの目的で使用されます。

  • <装飾用>キャップ(指)

    『手指義手』とは、手の指の切断に用いる義手です。
    装飾用とは、見た目のリアルさを優先して作られているものです。
  • <装飾用>グローブ

    【手部義肢】とは、手の根元の骨の切断、手の平部分の骨の切断に用いる義手です。
    装飾用は、見た目のリアルさを優先して作られているものです。

  • パッシブフィンガー

    パッシブハンドのフィンガータイプで、他動的にDIP、PIP、MP関節が動かせます。
  • パッシブハンド

    他動的に指関節が動かせます。
  • <装飾用>グローブ

    【手義手】とは、手関節の離脱に用いる義手です。
    装飾用は、見た目のリアルさを優先して作られているものです。
    シリコン製やビニール製などがあります。
  • 回転器

    <プレート式(標準タイプ)>
    ソケット側の底のプレートを木ネジで固定します。一体で取り外します。
    <ボルト式>
    手掌側ボルトとソケット側のナットで固定します。
    ソケット側を固定して手掌側のみ取り外せます。
    間にクッション材がはいります。
  • ハンド型能動義手

    プラスチックなどでできており、手首に回転器や骨格式用ボルトが付いています。
  • 装飾用・スプリットソケット

    『前腕義手』とは、肘から先の部分(前腕部)からの切断に対しての義手です。断端が肘から手首までの長さの中間から、少し先までの長さがあれば、義手の選択肢がかなり多くなります。
    スプリットソケットとは、ソケット及び前腕部が個別に動く構造です。


  • 装飾用・差込み式

    差込み式ソケットとは、断端とソケット内面との間にある程度大きなすきまを予定して適合します。すきまは断端袋の枚数や厚さによって切断者自身で調節を行います。